日本の国際運転免許証でウクライナで運転できるか調べてみた

日本の運転免許証を持っている方は、運転免許センター等で申請することで、国際運転免許証を取得することができます。はたして、この国際運転免許証で、ウクライナでも車を運転することができるのでしょうか?この記事で解説していきます。

国際運転免許証とは?

あなたが日本でお住まいの地域の公安委員会が管轄する運転免許試験場(運転免許センター)や、警察署(一部は不可)に赴いて申請することができます。免許センターの場合は基本的には即日で交付されます。

申請時に必要なものは以下の通り。

  • 国外運転免許証交付申請書(申請用紙は窓口に用意してある)
  • 運転免許証(免許の種類が、大型特殊・小型特殊・原付・仮免許(大型・中型・準中型・普通)のみの場合は、申請不可。)
  • 海外への渡航を証明する書類(日本国旅券、船員手帳、航空券など)
  • 証明写真1枚(縦5cm×横4cm)
  • 国外運転免許証交付手数料(2,350円)

申請は基本的に本人が行いますが、親族が代理で申請することもできます。その場合に必要な書類等については、お住いの地域の運転免許センターまたは警察署のホームページでご確認ください。

国際運転免許証は2種類ある?

国際運転免許証を規定する主な国際条約には、

  • ジュネーヴ交通条約
  • ウィーン交通条約

の2つがあります。

日本政府はジュネーヴ交通条約のみしか締結していません。

ですので、日本で発給された国際免許を所持して運転できる国は、ジュネーブ交通条約を締結している国のみになります。

例外はドイツとスイスであり、これらはウィーン交通条約のみの締約国ですが、日本との2国間の取り決めにより、現地の翻訳文を添付することで有効な運転免許証として扱われます。

ジュネーヴ交通条約締結国の一覧

一覧は警視庁のサイトの以下のページから確認できます。

https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/menkyo/kokugai/kokugai04.html

濃い青色でマーカーされている国がジュネーヴ交通条約締結国
緑色でマーカーされている国がウィーン交通条約締結国

そのリストには2019年3月時点ではウクライナの名前はありません。ウクライナはウィーン交通条約にのみ加盟しており、ジュネーヴ交通条約には加盟していないためです。

ですので残念ながらウクライナで日本の国際運転免許証は有効な書類とはみなされず、ウクライナ国内で車の運転はすることができません。

ちなみにウクライナの周辺諸国ですと、ポーランド、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、トルコ、ジョージア、ロシアは運転できますが、ベラルーシ、モルドバはだめなようです。

それでも車を運転したい場合は?

ウクライナの現地の自動車教習所(Автошкола)に通う

2019年3月時点なら、おおよそ6000UAH(約2万4千円)の費用を払い、100時間の講習と、40時間の実習を受けた後、テストに合格することで取得できます。

授業はウクライナ語(またはロシア語)で行われますが、外国人向けに英語での講習も行われるようになったみたいです。

参考:

https://fakty.ua/257137-inostrancam-oblegchat-process-polucheniya-voditelskih-prav

ウィーン交通条約締結国で免許を取得する

ウクライナはウィーン交通条約には加盟していますので、その条約の締結国の自動車教習所に通い、免許を取得することで、ウクライナでの運転ができるようになります。

基本的にはEU/EEA諸国で発行されている運転免許証をもっていれば、ウクライナで運転することが可能です。

参考:

https://en.wikipedia.org/wiki/Vienna_Convention_on_Road_Traffic

https://en.wikipedia.org/wiki/Vienna_Convention_on_Road_Traffic

ウクライナ国内でのその他移動手段

メトロ(地下鉄)

一番安く、時間通りに運行されているため一番信頼性のおける移動手段です。

参考記事:

キエフの地下鉄(メトロ)の乗り方
キエフの街を散策するには、地下鉄(メトロ)での移動がおすすめです。バスとは違い必ず数分おきに列車が来ますし、日本の電車と比べると格安です。初...

タクシー

キエフ市内のタクシーの移動なら100UAH(約400円)ほどですので、日本と比べると格安と言えます。

ウクライナでタクシーって安全? 人気のタクシー配車アプリ3選
世界で人気のUberなどのタクシー配車アプリ。もちろんウクライナでも大人気で、市民のほか、多くの外国人旅行者もりようしています。こ...

バス、トロリーバス、路面電車、市電

外国人観光客にとっては少しハードルが高いかもしれません。

バスの場合は乗った際にバス内にされている運賃を運転手に現金で支払います。

トロリーバス、路面電車、市内電車(市電)の場合は、停留所か駅または車内にいる運転手か車掌からチケットを現金で買い、それを車内の穴あけ機会にはさみ穴を開けることで有効なチケットとみなされます。この穴の空いたチケットをもっていないと、時折行われる車内検札の際に不正乗車とみなされ罰金を支払うこととなります。

最後に

この記事が気に入ったら、ぜひSNSでのシェアまたはいいね!をよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 村瀬 信泰 より:

    在ウクライナ日本国大使館 平成30年8月発行の「安全の手引き」に以下の記述があります。

    (7) 自動車運転免許証
    ウクライナ内務省によれば、永住目的以外(短期滞在や現地への期間的駐在等)で
    当地に滞在する日本人が運転する際は、以下1~3のいずれかの方法によります。
    1 日本の運転免許証及び日本で発行された国際運転免許証の両方を所持している
    こと。(以下略)

    よって、短期旅行者は日本の国外運転免許証で運転できるのではないですか?

    参考に平成27年6月版では

    ① ウクライナに入国した日本人は、その入国の日から3ヶ月以内であれば、日本
    の運転免許証で運転できる。(ウクライナ語翻訳文を付ける。)

    でしたので、以前から運転可能だったと思われます。