ウクライナで一番人気の仮想通貨取引所EXMOでの口座開設方法

ウクライナでもビットコインを始めとする仮想通貨の取引が大きく注目を集めています。

この記事では、ウクライナやロシアなどの旧ソ連諸国で1番人気の仮想通貨取引所であるEXMOでの口座開設方法をまとめてみましたのでご覧ください。

EXMOとは?


EXMOとはイギリスに本社を構える仮想通貨取引所です。2013年より取引所サービスの提供を開始し、2017年には全世界で100万人以上の登録ユーザーをかかえています。

プログラマーやカスタマーサポートの拠点はウクライナに置かれており、ウクライナとロシアでNo.1の取引量と人気を誇る取引所です。

世界的にも取引量の多い取引所であり、coinmarketcapの24時間以内の取引量ランキングでは常時30位以内をキープしています。

ロシア語圏の仮想通貨取引の動向をチェックするには、ぜひとも抑えておきたい取引所の一つです。

EXMOの取り扱い仮想通貨一覧

EXMOには他の取引所ではなかなか取り扱っていない通貨ペアがあるのが魅力です。
現在取り扱っている通貨、仮想通貨は以下の通りです(2018年1月20日現在)。

  • BTC(ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリウム)
  • DASH(ダッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • ZEC(ジーキャッシュ)
  • XRP(リップル)
  • XMR(モネロ)
  • USDT(テザー)
  • DOGE(ドージコイン)
  • WAVES(ウェーブス)
  • KICK(キックコイン)
  • USD
  • EUR
  • RUB
  • UAH
  • PLN

ロシア、東欧からのユーザーが多いことを反映して、BTC/RUB(ロシアルーブル)、BTC/UAH(ウクライナ・フリヴニャ)、BTC/PLN(ポーランド・ズウォティ)の通貨ペアがあるのが特徴的です。

他にはWAVESやKICKなどの比較的マイナーな仮想通貨も取り扱っています。今後も取り扱う仮想通貨の数は増えていく模様です。

EXMOの豊富な入金方法

EXMOの一番の特長としてはその豊富な入金方法があげられます。ウクライナやロシアでは日本のようにコンビニ入金や銀行送金での仮想通貨の購入は難しいため、EXMOが提示する多彩な入金方法が人気を集めている要因のようです。
EXMOでは以下の入金方法が可能です(2018年1月20日現在)。

  • Neteller
  • Debit/Credit Card
  • Perfect Money
  • CryptoCapital
  • Money Polo
  • AdvCash
  • Wire Transfer
  • OKPAY
  • Payeer
  • Payza
  • SEPA
  • BanContact
  • Yandex Money
  • DotPay

一部入金方法では口座の認証を済ませておく必要があります。また入金の際の手数料はこちらから確認できます。

EXMOでの口座開設方法

①まずはEXMOのサイトにアクセスします

②ログインID、メールアドレス、パスワード、確認のパスワードを入力し、チェックボックスと”I’m not a robot”にチェックを入れ、”Register”ボタンをクリックします。

③「Account activation」とのタイトルのメールが、自分のメールアドレスに届きますので、そのメール内のリンクをクリックすることで口座開設は完了です。

EXMOへの入金方法

ここではビットコインでのEXMO口座への入金方法を解説します。

①ページ上部の「Finance」をクリックし、BTCの「Deposit」を選択。

②「Create address」をクリック

③「Copy address」をクリックすることで表示されたBTC入金用のアドレスをコピー

④このコピーしたアドレスに向け、他のBTCウォレットからBTCを送金する

⑤入金完了後は、「Finance」から、BTCウォレットへの入金額とその取引履歴を確認することができます

EXMOでの取引方法

①まずは取引したい通貨ペアをクリックします。今回はBTCを売って、ETHを買ってみます。

②その画面の下の「Limit Order」タブを選択し、「Buy, ETH」のところに

Amount: 購入したいETHの数量
Price: 1ETHあたりのBTCでの購入金額を指定

を入力します。表示されている情報を確認し、「Buy ETH」ボタンを押します。

Total: Amount x Price
Commission: EXMOに支払う取引手数料。EXMOでの取引は通貨の種類に関係なく、購入または売却時に一律で0.2%の手数料を支払う。つまり、 Commission = Amount x 0.002

③「My active orders」に待機中の注文が表示されます。ETH/BTCの価格が指定した金額に達した時点で注文が実行されます。
注文をキャンセルするには、「Cancel orders」をクリックしてください。

④ページ右上のログイン名部分をクリックし、「Trade History」を選択することで、現在待機中の注文一覧の他、約定済の取引一覧を確認することができます。

EXMOからのBTCの出金方法

①ページ上部の「Finance」をクリックし、出金したい仮想通貨の欄の「Withdraw」を選択します。

②「Withdrawal amount」に出金したい金額を入力し、「Wallet address」に出金先のウォレットアドレスを入力します。

この際に表示される「You will get」が実際に着金される金額であり、「You will get」と「Withdrawal amount」の差額分がこの出金にかかる手数料となります。出金手数料はこちらから確認できます。

なおこの出金手数料にはブロックチェーン手数料込みのものですので、出金時にこれ以上の手数料は発生しません。

表示内容を確認し、これでよければ「Withdraw」ボタンを押してください。

③その後、自分のメールアドレスに出金確認のメールが届きますので、そのメール内のリンクをクリックすることでEXMOからの出金が完了となります。もしこのリンクを制限時間内にクリックしなかった場合、出金は自動的に取り消されます。

EXMOでのアカウント認証

EXMOのアカウントの認証を行うことで、以下の機能が使えるようになります。

  • 一部の入金方法が利用可能になる(NetellerやPayza、クレジットカードでの入金等)
  • USDやEURなどをSEPAやクレジットカードへの出金が可能になる

認証を行うには、ページ右上のログイン名から、「Account verification」をクリックし、Identity(本人情報の入力とパスポート/IDの提出)、 Address(居住地の入力とそれを証明する書類の提出)、 Agreement(EXMOとの契約書にサインしたものを提出)の3ステップを完了させる必要があります。

アカウントを認証したとしても入出金方法が少し増えるだけであり、EXMOの口座に仮想通貨で入出金する分には、アカウントを認証する必要はないでしょう。また認証したとしても取引手数料や入手金手数料、最大取引可能数量なども変動しません。

EXMOのサポート体制

2018年1月現在、日本語でのサポートは行っておらず、英語での対応となります。
ページ上部の「Support」からチャット形式での質問をすることができます。

EXMOのICOについて(EXMOコイン)


EXMOは2017年12月に自社のICOを発表しました。

このEXMOコイン(EXO)は、2018年2月26日よりクラウドセール開始となり、現在公式HPにて登録受付を行っています。

1EXO = 1USDとして売り出される予定です。発行数量の上限は定めていないようですが、ホワイトペーパーによると1.5~3億ドルの発行を見込んでいるようです。

EXMOコインはクラウドセール時に、BTC、ETH、LTC、DASH、ZECの通貨で購入可能とのこと。

ICOで3億ドルを調達した場合、その50%は証拠金貸付に割り当てられ、そこから得た収益の50%がEXOトークン保有者へ毎月配当との形で分配されるとのこと。

EXMO取引所へのEXOのリスティングは2018年4月16日に予定されています。

取引所が発行する自社ICOは、BinanceのBNBトークンや、ZaifのZaifトークンなどが有名ですが、トークンセール時よりは値を上げているため、このEXMOコインも今後大きな注目を集めることでしょう。

最後に

今回はウクライナやロシアで最大手の仮想通貨取引所EXMOを取り上げてみました。この記事が気に入りましたらSNSでシェアしていただけますと嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする