【経済】ウクライナ財務省前でデモ隊と警官隊が衝突

financial_maidan

昨日26日夜にウクライナ財務省前にて政府の経済政策に反発しデモ活動を行っていたデモ隊に対し、警察が強制排除を行った。この強制排除の際に、デモ隊と警官隊が衝突。これにより4名が負傷し病院に運ばれた。ウクライナメディアが伝えている。

「ファイナンシャル・マイダーン」と名乗るデモ隊は先週の金曜より財務省前でピケを張り抗議活動を行っており、ユーロマイダーン(ウクライナ政変)から1年を経過しても経済の向上が見られない現状に対し、政府が迅速な行動をとるよう求めていた。平和的なデモ活動を行っていたデモ参加者らを強制排除したことに対し、ウクライナ政界および市民からは反発の声があがっている。

これらを受けてウクライナ内務大臣のアヴァコフ氏は自身のFacebookを更新し、この警察の対応に関してウクライナ国民に謝罪した。またこの強制排除に関して刑事訴訟手続きをとること、および警察の責任者に対し処分を下したことを明らかにしている。

ウクライナの通貨フリヴニャ(フリブナ、UAH)はウクライナ国立銀行発表の2月26日15時現在の公式レートによると、1ドルが30.01UAHと、史上最安値を再び更新した。また、26日には市民間での非公式の闇レートで1ドルが一時38UAHをつけ、混乱状態に陥った。フリヴニャ(UAH)は2月初めは1ドル15-16UAHほどであり、わずか1か月で対ドルに対し2倍の暴落となっている。