【2017年現在】クリミア半島へのウクライナ側からの行き方

クリミアについて

クリミアはウクライナ南部の黒海に面した半島です。クリミア半島はウクライナの行政区分では「クリミア自治共和国」および「セヴァストポリ特別視」から構成されており、ウクライナ本土のヘルソン州とつながっています。

クリミア半島には19世紀中ごろにあったクリミア戦争を描いたレフ・トルストイによるセヴァストポリ物語で有名な軍港都市セヴァストポリや、日本の戦後の行方に大きな影響を与えたヤルタ協定の舞台であるヤルタなどがあります。

クリミア半島にはもともと様々な民族が住んでいましたが、1783年にロシア帝国の領土となって以降、ロシア系住民の移住が進みました。

その後、ソ連時代の1954年に、クリミア全域はロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の構成主体からウクライナ・ソビエト社会主義共和国の構成主体に移管され、ソ連崩壊後にはウクライナ内の自治共和国となりました。

クリミアには、ウクライナ人、ロシア人のほか、テュルク系民族のクリミア・タタール人が多く住んでいます。

“Crimea”, Wikipedia – English edition, 07:15, 3 January 2017‎ より

クリミアにウクライナ側から行けるのか

ウクライナを訪れる方の中には、観光のためクリミア半島へも行ってみたい、と計画されている方も多い方と思います。

しかしながら、現在クリミア半島全域は、2014年3月よりロシアによる占領下にあります。ウクライナ内閣の2015年6月4日付けの法令において、ウクライナ領内からクリミアへの通行方法が定められています。

その法令によると、ウクライナ国籍でない外国人がクリミアに行くには特別通行証を取得する必要があります。この通行書がなければ、ウクライナ側からクリミア半島に行く際の国境検査をパスすることができません。

この外国人向け特別通行証を得るには、①クリミア領内に家族や親戚が住んでいるか、②またはクリミア領内に不動産を所有していることを示す書類を提示できない限り、基本的には取得はできません。

ですので、一般の外国人がウクライナ側からクリミア半島に行くのは現時点で不可能となっています。

より詳細に関しましては、特別通行書を発行しているウクライナ移民管理局のホームページをご覧ください。
http://dmsu.gov.ua/

それでもクリミア半島に行きたい場合

現状、ウクライナ国籍でない外国人がクリミア半島に行く手段はロシア側から空路または船で行くしか方法はありません。これはつまりロシアの法律に基づくと、ロシア国内の移動ということになりますので、日本人はロシアのビザが必要となります。

ロシアによるクリミアの自国領土への編入を認めている国家は、ロシア以外存在しません。よって現在、クリミアへの国際便を運航しているのはロシアの航空会社のみであり、またその出発地もロシア領内からのものしかありません。

もし例えばキエフからクリミアに飛行機で行く場合は、キエフ – ミンスク(ベラルーシ) – モスクワ – シンフェローポリ(クリミア)と行くのが一番早いと思います。

気を付けていただきたいのは、「ウクライナ政府はロシアによるクリミアの自国領土への編入を一切認めていない」ということです。これはつまり、「外国人がクリミアにロシアのビザで滞在したからといっても、それをウクライナ側は認めない」ということです。入国審査なしで、外国に入国したとしたら、その人は不法入国となりますよね。そういうことです。

2016年1月にNHKの取材班がクリミアに入った際、取材班がウクライナ当局により違法入国の容疑にて捜査されたとの報道がありました(NHKは否定していますが)。

また、イタリアの複数の政治家がクリミアを訪問した際は、ウクライナ政府は強く反発しています。

ですので、上記の特別通行証なくクリミア領内に入る場合、自己責任が原則です。それを理由としてウクライナへの入国を断られる可能性もあるかと思います。
※ただし知り合いの中でクリミアに行ったことがあるからとして、それを理由にウクライナへの入国を断られたという例はまだ聞いたことがありません(ロシア人は除く)。ウクライナの入国審査の際に、不用意にクリミアに行きましたと言わない限り、基本的に断られることはないかと思います。

ちなみに、クリミアからウクライナに陸路で行こうとした場合、もちろんロシア側の国境検査とウクライナ側の国境検査があります。当然のことながらそれをパスするには、上記の特別通行書が必要です。なかったらつかまります。

【補足】地元の人はどうやってクリミアに行っているのか

2014年3月からキエフからクリミアまでの航空便は順次廃止されました。また同年12月にはキエフからクリミアへの電車も廃止されています。

ですので現状、ウクライナ人がクリミアに行くにはバスを利用します。キエフからだと値段は約700UAH(日本円でおよそ2800円)で、およそ17時間の道のりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする