日本政府、ウクライナと投資に関する協定を結ぶことを決定

japan_ukraine

日本政府は2月3日、ウクライナと投資の保護と奨励に関する協定を結ぶことを決定した。これはロシア・タス通信が伝えたものであり、この協定調印により日本からウクライナへの投資の促進が期待されている。協定文書は2月5日にキエフにて調印される予定だ。

これ以前にも日本は、ウクライナのエネルギー分野に関する近代化に協力する準備があることを表明している。これは特に石炭火力発電における発電効率の上昇を目指したものである。

日本からウクライナへの支援に関しては安倍首相より、2014年9月に15億米ドル規模の経済援助が、さらには今年1月に3億米ドル規模の経済援助が表明されている。これらの一部はキエフの下水道処理施設の改修や、ウクライナ東部地域の復興に使われる予定だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする