キエフからミンスクへ行く電車のチケットの購入方法

ウクライナを訪れる観光客の中には、キエフを見た後、ベラルーシのミンスクに行く方も多いかと思います。この記事にて、キエフからミンスク行きの国際列車のチケットの購入方法についてまとめました。

インターネットでチケットを購入する場合

まず初めに、下記のウクライナ鉄道の公式サイト内にあるオンラインチケット購入ページにアクセスします。
http://booking.uz.gov.ua/en/

STEP①
そこの出発駅(From)の欄からキエフを選択してください。この際注意していただきたいのは、キエフのスペルはウクライナ式の「Kyiv」(キーウ)と入力する必要があるということです。ロシア式の「Kiev」(キエフ)ですと、正しい駅名が出てきません。

STEP②
同様にして到着駅(To)の欄からミンスク(Minsk)を選択してください。ミンスクには複数の駅がありますが、その中の「Minsk Pas」(ミンスク中央駅)をお選びください。

STEP③、④
出発の日付を選択し、「Search for trains」のボタンをクリックします。

STEP⑤
そうしますと、その日出発でまだ購入可能なチケットが出てきますので、ご希望の便の希望する座席タイプを選択します。

Л – これはLyuks(リュクス)と呼ばれるデラックスタイプ(一等車)の座席です。個室部屋にベットが2台あります。カップルや夫婦で旅行するときにおすすめ。チケットの値段はかなり高め。
К – これはKupe(クペー)と呼ばれる通常の座席(二等車)です。個室部屋に2段ベットが2台、計4台のベットがあります。旅の途中で同室の人と交流したい人や、夜は静かに寝たい人におすすめ。値段もお手頃。
П – これはPlatskarta(プラツカルタ)と呼ばれる一番安い座席(三等車)です。個室部屋のドアがないタイプであり、通路にも2段ベットがおかれています。このタイプの座席はいつも車両内が薄暗く、古い車両が割り振られており、お世辞にも快適とはいえません。とにかく安く旅行したい人におすすめ。

k

STEP⑥、⑦
選択された座席タイプの中で、まだ座席が残っている車両が表示されますので、まずその中から希望する車両を選びます。

その後、その車両内の空いている席の中から、希望する座席を選びます。

トイレに近い席ですと、夜中ドアの開閉音がうるさく感じる時や、臭いが気になるときがありますので、車両中央の席がおすすめです。

また、Kupeでしたら、2段ベットの下段の座席(奇数席)がおすすめです。というのも下段席ですと、荷物をベットの下に置くことができるからです。またそのベットの上には自分が寝るわけですから、夜中寝ている間に自分の持ち物が盗まれる心配をしなくて済みます。

Platskartaの場合、廊下にも座先がありますが、こちらはおすすめしません。どうしても席が空いていない場合にのみ購入するのが無難です。

STEP⑧、⑨、⑩
名字と名前をラテン文字で記入し、「Add to Cart」のボタンをクリックします。

表示されるチケットの内容が正しければ、「Pay」のボタンをクリックしましょう。

STEP⑪
クレジットカードの支払い画面が表示されますので、入力し、「Pay」のボタンをクリックします。

支払い完了後、Order Form の画面がでますので、「Save」のボタンをクリックし、保存します。

このOrder Formはいわば「予約確認書」 であり、「搭乗チケット(Boarding pass, Transportation Pass)ではありません。ですので、この予約確認書を印刷したものを、ウクライナにあるウクライナ国鉄の窓口にてパスポートと共に提示し、搭乗チケットをもらう必要があります。

キエフですと、キエフ中央駅の国際列車の窓口(Kasa, カッサ)に行き、搭乗チケットをもらいましょう。

現地でチケットを購入する場合

キエフ中央駅(キエフ旅客駅とも言います)に行き、国際列車の窓口がありますので、そこでパスポートを提示することで、チケットを直接購入できます。

その際に、列車発着の日時、座席のタイプ(Lyuks, Kupe, Platskarta)、座席の位置(2段ベットの上か下か、車両の中央かなど)などが聞かれますので、自身の希望を伝えてください。また、シーツを持参している場合は、その旨を伝えると割引になる場合があります。

※チケット窓口、丁寧に対応してくれる人はまれです。気持ちのいい顧客対応はほぼ望めないと思いますので、窓口では自分の希望を「ハッキリと」そして「簡潔に」伝えてください。管理人からは、事前に紙にロシア語または英語で、希望する座席についてメモしたものを窓口の方に渡すことをお勧めします。

また、チケット購入後、必ずチケットに印刷された情報が全て正しいか、チェックしてくださし。少しでも疑問に思うところがあったら、すぐさまその場で窓口の人に聞いてみることをお勧めします(この時に列に再び並ぶ必要はなし!)。またつり銭のごまかしにも注意しましょう。

※キエフ中央駅(キエフ旅客駅)は英語では、Kyiv-Passazhyrskiy Railway stationもしくはKyiv Central Railway Stationといえば通じるはずです。しかし、キエフ市内で単に「Central Station」(中央駅)というと、鉄道の中央駅なのか、バスの中央駅かがハッキリとしません。ですので、必ず”Railway”というのを忘れずに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする