【東部紛争】ロシア系市民メディアサイト、ウクライナの紛争で亡くなったロシア人250名の名前を公開

ウクライナ東部で続く紛争に「義勇兵」として参加し、「戦死」したロシア人の氏名がロシア系市民メディアサイト「オトクルィータヤ・ロシア(開かれたロシア)」により公開された。

同メディアによる報告による昨年12月中旬時点での発表によると、ロシアからウクライナに渡り、同地での紛争で死亡したとみられるロシア人は約250名にわたるとしている。サイトには死亡したロシア人の姓名および出身地、死亡したとみられる日時等が公開されている。

これらの死亡リストは主に同メディアのスタッフおよびボランティアにより、Facebookやロシアの大手SNSであるVKontakteなどから情報と、各種ニュースサイトや市民からの情報を元にして作成された。現在でも同サイト上には新たに死亡したロシア人の氏名が書き込まれている。

russia_victims

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする