スカイダイビング中、意識を失った男性 その運命は

YouTubeからウクライナで話題となっている動画を取り上げます。

上空1万2000フィートからのスカイダイビング映像。

映像の初めはダイビング直前の男性がキャビンの中で緊張している様子が写しだされています。しかし意を決して空に身を委ねる男性。その後、インストラクター(このビデオの撮影者)もダイビングし、適切な姿勢を維持するよう指導します。順調にスカイダイビングが始まったかと思われた次の瞬間、男性の身体は力を失ったかのように回転を始めてしまいます。

そう、彼はパラシュートを開く前に意識を失ってしまったのです!

parachute_blackout1

parachute_blackout2

parachute_blackout3

parachute_blackout4

意識を失いながらただ落ちていくだけの男性。このままでは、間違いなく地面に叩き付けられ、死んでしまいます。

インストラクターが男性に近寄り、必死の救助を試みます。

parachute_blackout5

2回目の接近で、見事インストラクターは男性のパラシュートを開くことが成功!何とか最悪の事態は回避されます。

parachute_blackout6

その後、この男性は上空3000フィートで意識を取り戻し、無事に着地できたそうです。経験豊富なインストラクターのおかげで、男性はまさに万事に一生を得たと言えるでしょう。

___
▼以下、YouTubeの反応(ロシア語のコメントから)

・インストラクターは本当のエキスパートだ!彼に幸運を!

・・今はパラシュートに特別なタイマーが付いてて、自動でパラシュートが開くようになってるんだ。だけど、この映像では青年が背を下にして飛んでるから、このままパラシュートが開いていたら、吹き飛ばされて大変なことになっていたよ。

・・このパラシュートにはタイマーじゃなく、Cypres 2 というシステムが使われてて、上空250mになったら空気圧ロープが切れて、予備のパラシュートが自動で開くようになってるよ。自分がこれに関わってるから知ってるんだ)

・こんな映像見た後だと、飛びたくなっちゃう))

・・んん。。君は少なくとも、意識を失っちゃうような女の子じゃないみたいだね。

・こんな場合の時に高度や時間に合わせて作動する安全システムがあるってこと、忘れないでおこうっと

・怖がり過ぎの男の子))

・このインストラクターはまさにバットマンだな!

・なんて感じやすい奴なんだ))) インストラクターはホントに最高!プロ中のプロ!彼に追いついて、予備のパラシュートを開くなんて! ところでこれはどこの映像?

・・大気中の映像さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする