【ドネツク州】ドネツク州北東部の町で激しい戦闘、2名死亡

ウクライナ東部のドネツク州にて1月29日(金)の夜、ウクライナ側と新ロシア派の間で州北東部の町、ヴフレヒルスク(Vuhlehirsk、ロシア語名:ウグレゴルスク)を巡って激しい銃撃戦が行われた。

ウクライナ内務省傘下の「アゾフ」隊による報告によると、この戦闘で町は親ロシア派の支配下になったとのこと。またこの戦闘で新ロシア派の戦闘員2名が死亡、9名が負傷したと伝えている。ウクライナ側の負傷者は不明。

東部での戦闘を指揮するウクライナ対テロ作戦(ATO)の本部の発表によると、町の一部地区のコントロールは失ったが、残りの地区はウクライナ側が維持しているとのこと。

≪ウクライナメディアによる戦闘後の町の様子≫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする