ウクライナ前財務大臣をスペインで拘束 引き渡しへ

yuriy_kolobov

ウクライナ検察のショキン長官は、ウクライナの前財務大臣ユーリ・コロボフ(Yuriy Kolobov)氏がスペインのバレンシア州に位置するアルテア(Altea)にて3日に拘束されたことを明らかにした。RBK-Ukraineが伝えている。

また、ショキン長官は続けて、「現在、捜査機関はコロボフ氏の引き渡しに関する書類を早急に準備している」と述べ、スペイン側からウクライナへの引き渡し準備を進めていることを明らかにした。

ウクライナ・メディアの報道によると、今年1月19日にキエフの裁判所はコロボフ氏の拘束決議を採択しており、これにより同氏の引き渡し要請に関しての法的根拠があるとしている。

コロボフ氏に対する国際捜査はウクライナ最高検察庁のインターポールへの要請に基づき行われた。前財務大臣である同氏に対しては、「職務権限を利用しての大規模な資金の横領」の容疑で告発されている。

ユーリ・コロボフ氏は1973年生まれの41歳。ヤヌコビッチ政権下で、2012年から2014年2月までウクライナ財務大臣を務めた。政変後は、ウクライナ国外へと逃亡していた。